マイ・スイート・レモネード

かみさまに喩える

やさしくしたいされたい

お気持ち表明的な記事ばかりが続いているので、たまには推しぴ好き好き♡ポエムをやりたかったもののブログの書き方をもうすっかり忘れてしまった。

推しはあいも変わらず全てがうつくしく尊くつくられていて、日々サイコー!とあいも変わらずかみさまのように崇めている。薄給激務の弱いオタクなのでまあまあ取捨選択をしているはずなのに、それを遥かに上回る推しの仕事量のおかげで先月は北海道に行き来月は九州へ飛ぶ。巡礼かな?

推しを神様として例えるのは人権を無視した一種の暴力だという趣旨のツイートを先日読んだが、わたしは推し自身があくまで商品として打ち出してくれている額面通りの"推し"を信仰しているのであって、その裏側にある文化的背景(=プライベート)は法に触れないかぎりは好きにしてくれと思うし、当然守られるべきものだと思っている。まあそういう風に考えない人が多く存在するので、不用意な一言であれだけ荒れたんですけれど…*1

毎度結局おんなじようなことを書いているが、推しへの信頼は1ミリも変わらずに、わたしは今日も元気に信仰している。推しはとんでもなくうっかりさんで、聞いているこっちが心配になるくらいには個人情報がだだ漏れだったりして、だけど、絶対に揺らがない哲学をもっているから。高潔でうつくしい、わたしのかみさま。

推しへの手紙の締めにいつも書き綴っている呪いの言葉がある。どうか推しに、良いことばかりがありますように。うれしいことがあったら、そのつぎはさらにうれしいことが起きますように。

-
先日のやばい話。それはそれは楽しみにしていた某2周年イベントのチケットを忘れた*2ことにもぎりの段階で気づいたとき、血の気が引いて目の前が一瞬本気で真っ白になった。紆余曲折の末なんとか現場に入ることはできたが*3、1年待ち望んでいた特別なあの曲を推しが初めて歌った場に居合わせることができなかった可能性を考えると今でもちょっと催しそうになる。(8/PとB/プロはぱっと見字面が似ているのでまじで気をつけたほうがいいです)

事前にちゃんと確認するのはまああたりまえに大前提として、知りたいのはチケットってみなさんどうやって持ち運びしていますか?ということ。
わたしは推しセブン*4があるので、いつも同じ白いチケット袋ごとチケットファイルに入れてたのだが、今回の件でめちゃくちゃへこんだので、直入れですぐに視認できるようにした方が良いような気もするし、紙1枚を挟まないことで途端に紛失が気になるし…とうだうだ悩んでいる。良いやり方があれば何かしらの方法で教えていただけると幸いです。

*1:前記事

*2:正確には違うチケットを持ってきた

*3:正規の方法です

*4:ここで発券すると比較的いい席や番号が来る気がするセブンの意