マイ・スイート・レモネード

かみさまに喩える

自制心と自意識と

週末の現場は推しからの推しからの推しで、見たものすべてがほんとうに上質で、このしあわせな気持ちを糧に1週間生き抜こうと決心した1日めから、ひどい体調不良だわお局と壮絶なケンカをするわでもはや心が折れかかっている。

毎日うつくしいものだけを摂取して、それだけで暮らしていければいいのに。生活を営むにはお金がかかるし、推しを推すにはお金がかかる。

現場が発表されたときからずっと、この日を支えとして生きてきた。入れないなんて選択肢はなくて、正直けっこうな無理を重ねてもぎとったチケットだったので、満足感と同じだけいまはぽっかりと喪失感がある。めちゃくちゃにすばらしさを語りたいけど、百発百中で推しバレするやつ。推しは、つまさきから頭のてっぺんまで、余すことなくうつくしかった。

-
もともと、わたしは全通できないタイプの弱いオタクだ。信者として、一方的に眺めては悦に入ったり泣いたりしたいので、中途半端な接近戦よりは大箱のほうを好んで選びがち。
複数推しをしているのと仕事の都合で、時間とお金が単純にとても足りない。休みをピンポイントで申請しないと空いたすべてに仕事を入れられる為、全現場は2ヶ月前には詳細を出してくれといつも祈っている。

選ばなかった・(自分が)選ばれなかった現場はコンテンツ自体に興味が持てなかったり、どうやり繰りしても都合がつかなかったり、まあ普通にご用意されなかったりと色々理由はあるけれど、今のところはわりと気持ちの折り合いをつけられている。いち社会人としての義務をこなすのも積む努力が甘かったのも、ぜんぶ結局は自分の選択だ。*1

ただ、どうしても我慢できないものがひとつだけある。直前までゲストを発表しないタイプのイベントおまえのことだよ!!!あと飛び入り参加とサプライズゲスト。コンテンツ自体を応援しているので、だれがきてもうれしいと思いふらっとはいった、そのすぐ次に推しがきた時のこの気持ち。推しも、わたしがみた回のあのこもだれも悪くはない。ただただ自分の運の悪さにわめき散らしてしまう。自制心がまるで効かない。

どうしてTwitterで沸いてるあの女の子たちはなにをする訳でもなく推しがみれるんだろう?軽々しく名前を声高に叫んであることないこと書き綴れるんだろう?自分の力の及ばないところに触れては勝手に傷ついて、死にたくなる。

推しがそこにいて、きょうもせかいいちで、だいすきで、ただそれだけで終わらせたいのに自意識が邪魔をする。はーーちゃんとハッピー浮かれテンションで毎日いきていけるようになりたい。

-
清 竜人25「My Girls♡」 - YouTube

仕方ないの…他の人じゃ…ときめかないの…

私のこと バカな子と思ってるの…? ねえ…? It’s Magic… 恋の魔法には 誰も抗えないでしょ…

※全語尾に♡が付く

唐突にしんどい気分に効くおすすめ曲を。いやもうただの真理じゃん…周りからどう思われても、どんなに自己嫌悪しても結局は、推し推したいきもちに抗えない。


Division All Stars「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Music Video - YouTube

あとはほんとうに関係ないけど毎日気づけばしぬほど再生しているやつ。毒島メイソン理鶯と飴村乱数がとても好きです。おねがいだから、だれかわたしとヒプマイの話してください。

*1:円盤だったりニコ生だったりなんだかんだ救いがあることも多い