マイ・スイート・レモネード

かみさまに喩える

ハートは赤くない

わたしには推しが2人いて、別の世界線*1にも神さまのように崇めているおとこのこがいる。バイオリズム的に好きの波の周期はあるものの優劣はなく、みんなまとめて大好きで、自担がいまそこにいて自分を武器としてパッケージ化し生きてくれていることが総合的にめちゃくちゃ幸せ!サイコー!と思いながら毎日暮らしている。

オタク同士のあれこれだったり、推しの境遇だったり、そりゃあ日々しんどくなる要素はあるものの、いい意味で推し自身に何かを期待しないことがハッピーオタクライフには大事なことなんじゃないかと常々思う。

同じ夢を見させてほしいけど、あまり方向性や姿勢として望むことは多くない。わたしの理想の延長線上にあるものだけを好き勝手に選び取り、都合よく楽しいことだけを受け取っていたい。推しは宗教。わたしのかみさま。好きをあつめて形にした、奇跡の集合体だ。


たとえば、Aのやわらかい誠実な声質は朗読で聴きたい良さ。物語に没入しやすい、よりそうようなやさしい響きかたが好き。とにかくなじみが深いので、新たにナレーションのお仕事が決まってとてもうれしい。

Bは逆に台詞を無限に聴いていたいと思う。語尾に♡をとばす天才。とろとろにあまったるい演技がほんとうにずるい。聴くたびイメージの変わる声。引き出しがまだまだ底知れない。

共通点は言葉えらびのセンスがあまりに最高すぎるところ。メディア媒体でも現場でも後世に語り継ぎたいパワーワードを息するようにくりだしてくる。軽快な語り口。きちんとしてて育ちの良さ感じるのに普通にすごいばかなのもだいすきだし、へらへらとおどけながら随所に教養の深さを感じるのもとてもすき。

そしてもうめちゃくちゃに顔が良い。わらうと目じりがきゅっと下がって一本線になるところ。おかおが小さくて、すらっと足が長くて、後頭部がせかいいちうつくしい。手足の長さのわりにちいさな手のひらと芸術品みたいな指さき。推しはまったく似てはいないが、こうして並べると同じ成分でできている。


-
絶賛盲目なので、とにかく推しが大好きだということだけをかきたかった。どうか、おいしいものをお腹いっぱい食べて、あたたかなお布団でぐっすりと眠れる世界で健やかに生きていてほしい。くしゃくしゃにわらって、目のなくなる、あの表情がいちばん好きだ。

*1:ジャニーズと2次元と色々