マイ・スイート・レモネード

かみさまに喩える

春が来る

最近あらたに知った推しの情報は"おなかがつよい"です。かわいい。そしてうらやましい。前記事への閲覧・スターありがとうございました。まあありふれた担降り(上がり)話だけれど、どうしても心の整理をつけたくて、何度も書いては消してをくりかえして、…

踊るか死ぬか

推しを世界の中心と定めた日をいまでも鮮明に思い出せる。たまたまチャンネルを合わせたTOKYO MXで見つけてしまった、名前すら知らなかった男の子。一目見た瞬間、顔と声と語彙、仕草ぜんぶがストライクで、これはもうダメだと思った。目を細めて線をえがい…

朝も夜もいつでも

くそポエムを綴った先日の現場ですが、別に認知もされてないのに伝わる訳があるかよ、と直前で開き直ってしまったので推しの顔をみた瞬間、開始3秒で当たり前のように泣いた。おもしろトークショーを1時間半ずっと涙目で聞く女、ひかえめにいってキツい。も…

線をなぞれば意思になる

とんだ躁鬱週間だった。しんどかった。寝ても覚めても推しのことばかり考えて、Twitterが更新されてないか分刻みにチェックして、それでも推しに関わることすべてに対して視界がにじむので、映像も音声もなにひとつまともに摂取できない。 月末には極まって…

自制心と自意識と

週末の現場は推しからの推しからの推しで、見たものすべてがほんとうに上質で、このしあわせな気持ちを糧に1週間生き抜こうと決心した1日めから、ひどい体調不良だわお局と壮絶なケンカをするわでもはや心が折れかかっている。毎日うつくしいものだけを摂取…

かたちづくるもの

(推しを)。 が、まじで好きすぎるなと実感した。全世界にお伝えしたいのは、わたしの推し、控えめにいってせかいいち。久々の推し現場があまりにえげつなくて、混乱した頭で衝動のままにこれを書いている。猫っ毛をふわふわにセットして後頭部がうつくしい…

無神論

今日は推しの現場だ。昨日今日と推しはとんでもなく怒涛のスケジュールが組まれている。ステージのあとに体調を崩したりするとかっこ悪いから、という言で体力をつけようと意気込んでいた姿が、頼もしくていじらしくて とてもすきだなあと思う。そしてわたし…

ハートは赤くない

わたしには推しが2人いて、別の世界線*1にも神さまのように崇めているおとこのこがいる。バイオリズム的に好きの波の周期はあるものの優劣はなく、みんなまとめて大好きで、自担がいまそこにいて自分を武器としてパッケージ化し生きてくれていることが総合的…